通院の慰謝料

通常の人身事故では、事故によるけがで通院をした場合、治療の精神的苦痛に対する慰謝料をもらうことができます。そのため、物損事故によるケガで長期にわたる通院をした場合は、管轄の警察署で所定の手続きを行って人身事故への切り替えを行うことが良いです。

通院しかしながら、そこまで大きなケガでなく通院も数日で終わってしまった場合、物損事故のままにしておきたいと思うのは自然なことです。多くの保険会社では、物損事故にしたまま一定の書類を添付することで自賠責保険から通院慰謝料を認めることができます。通院慰謝料は、通院期間を基準として金額を決められます。もちろん、治療費や通院費についても同様です。

このように、物損事故において通院などの慰謝料を求める場合は、人身事故証明書入手不能理由書という書類を添付することで自賠責保険に治療費や通院費を請求することができます。事故とケガとの因果関係が認められることが前提ですので、注意が必要です。事故とケガとの因果関係があるかということは診断書などによって判断されますので、医療機関できちんと書類を入手します。間が空きすぎていたら立証できませんので、事故からすぐに病院に行くことが必要です。