交通事故被害の慰謝料

交通事故での慰謝料は、物損事故でも貰うことができます。交通事故の慰謝料と一口で言うと、死亡したときの死亡に関する慰謝料、入通院をする際に支払われたり後遺障害が残ったりするときに支払われます。一般的に私たちがイメージする慰謝料とは、主に人身事故の影響で死亡したりケガをしたりしたときに請求するものです。

物損事故一般的に物損事故ですと、傷ついているのは愛車ということになります。事故の損傷が修理したら治るとしても、特に新車だったり、一度もぶつけたことがなかった人であれば、不慮の事故により車が傷つけられるのは自分がケガしたことと同じようにつらいものです。

しかしながら、どのような事情があれ、愛車が傷ついたことに対する慰謝料を請求することはできません。慰謝料とは、精神的な負担を考慮して金銭で補てんするものではありますが、財産権の侵害の場合は財産的損害の補てんによって填補されるものという考えからです

しかしながら、人身事故とは思わなかったけれども後日事故による痛みが発生した場合、通常であれば人身事故で切り替えて、通院の慰謝料や休業補償などを受けることになります。しかしながら、物損事故であっても、一定の書類を添付することで人身事故にしなくても自賠責保険から通院の慰謝料を受けることが出来る場合もあります。ですので、弁護士などの専門家に相談してみるとよいでしょう。また、安易に物損事故にしないこともポイントです。

≪参照HP≫弁護士法人アディーレ-交通事故被害相談